コピー機を一時的に利用する場合はレンタルがお得

subpage01

選挙事務所は選挙が行われる期間だけ臨時に開設される事務所です。



また、建築現場には建設事務所、セミナーなどが開催される会場や展示会などの会場などにも一時的に事務所が開設されることになります。



これらの事務所は一定期間だけ開設されるものであり、会社のオフィスとは目的そのものが異なります。



しかし、業務の中でコピーをとったり、メールで送られて来た文書を印刷してコピーで複写をすると言う事を行うケースが多くあり、コピー機は通常の会社のオフィス同様に必要となるOA機器の一つです。



会社の中で利用するコピー機と言うのは、リース契約を行って導入する事が多いと言われています。
リース契約であれば月々の支払いもそれほど大変ではありませんし、契約期間が終わると格安価格で買い上げが出来ます。



買い上げる事で資産計上が出来るなどのメリットを持つ事からも、最初から新品を購入するのではなくリース契約を結んで導入する事が多いわけです。この様な導入の仕方をした場合、コピー機は常に利用して初めてメリットが活かされて来ます。



しかし、臨時に開設する事務所などで利用するものをリース契約を結んで導入するのでは経費の無駄遣いになるため、レンタルを利用する事が多いのです。



レンタルは一時的に利用したい時に使えるサービスであり、コピー機器などのレンタルも有ります。レンタルの月額料金は基本料金となっていて、トナーや本体費用などが基本料金に含まれているタイプが多いのが特徴です。



関連リンク

subpage02














コピー機のレンタルを利用する場合は幾つか比較を

定期的ではあるけれども数日間だけコピー機を導入しなければならないと言った時に便利なのがレンタルです。使いたい時だけ使えると言う事からも、レンタルを利用する会社やお店などが増えているのです。...

NEXT
subpage03














業務用のコピー機をレンタルする

ほとんどの会社や事務所でコピー機は利用されています。仕事で使用する時には、一般的に業務用のコピー機を使用します。...

NEXT